F-Secure社 マーケティングマネージャー ぱよぱよちーん久保田 騒動 

 【今までのあらすじ】 


第一部 「久保田、大地に立つ!」 

 ・そうだ難民しよう!イラストに「いいね」した人の個人情報(400人分)をネットに拡散 

 ・拡散した人はシールズの関係者 

 ・セキュリティ会社肩書き持ちと判明 

 ・千葉麗子とのツイートで「ぱよぱよちーん」の発見、身元特定される 

 (*千葉麗子は昔の中川翔子) 

 ・会社の機材や権限を私的流用した不正ツイート、反社会組織とのツイートが発見され始める 

 ・なお、その数は3年間で10万ツイ (一時間平均10ツイなので、どう考えても仕事中に会社のPC利用してる) 


第二部 「伝説の序章」 

 ・セキュリティ会社は防衛省、マイナンバーともかかわりのある会社と判明 

 ・また、FBのセキュリティもこの会社 

 ・FBで非公開にしている情報が拡散された情報の中にあったと拡散されたユーザーから連絡 

 ・ここで会社のシステムを操作して個人情報を集めた疑惑が上がる(明確な犯罪) 

 ・拡散されたリストの中にF-Secureの取引相手があることも判明w 

 ・ツイッタラーがF-Secure日本支社長にツイ。支社長「早急に対策をする」ツイート 

 ・ツイッター、FBアカウント削除 


第三部 「久保田飛翔伝」 

 ・Youtubeの画像から住所、電話番号が判明 

 ・更にハムのコールサインを特定 

 ・ハムのコールサインから無線局免許が判明     (番号より30年以上の古参と割り出される) 

 ・ストリートビューから無線のアンテナの規模が判明 (アマチュアの枠を超えた使用を想定した商業レベル) 

 ・その概要から、「…こいつ、親の代から北朝鮮の工作員やってるだろ…」との疑惑が持ち上がる 


第四部 「完ッッッッッッ成! 久保田直己 完成!」 

 ・ツイッタラーから久保田が民青出身者であることも明らかになる。 

 https://twitter.com/Nipponium1908/status/661519499741413376 

 ・あまりにアカい過去と言動、そしてF-Secure社の官公庁の繋がりから 

  「防衛省機密、共産党へ流出事件」 「厚生労働省社保データウイルス感染事件」  

  …等の政府データ漏洩事件への関与も疑われ出した (F-Secure社は、山田洋行が防衛省にねじ込んだセキュリティ会社) 


 -外伝- 「FB参戦」 

 *2015.11/4. (本日)FBは「匿名登録」サービス開始。この事件を受けた物かどうかは定かではない 


【考え得るぱよちんの罪の飜数】 *現在ハネ満 


○背任罪(F-Secure社に対して) 

○横領罪(同上、職務上知りえた情報を私的悪用の疑い。会社のPC利用) 

○脅迫罪(個人情報晒された人に対して) 

○犯罪教唆(リスト公開時に添付した犯罪助長メッセージ) 

○名誉棄損罪(同上、差別主義者と侮辱的な喧伝) 

×個人情報保護法違反 

(彼個人は個人情報取扱事業者ではない、F-Secure社がこれに問われる可能性はある) 

○不正アクセス取り締まり法違反 

○F-Secure社の改正暴力団対策法違反 (シバキ隊は准暴力団指定団体) ←new 

これは警視庁の案件越えてるだろ、公安と政府機関が注目するレベルの犯罪だよ。 


------------------------------------------------

F-secure社に電凸された方がいらっしゃいました。


http://fast-uploader.com/file/7002158268966/


----------------------------------------------

 F-secure社が、Amazonで販売しているセキュリティソフトの評価も炎上しているようです。

 

今後、ぱよぱよちーん氏に何かある度に(逮捕とか)付け足されて行く、終わりなき壮大な物語と思われます。

パヨクの語源となった「ぱよぱよちーん」がネットから悪事の痕跡消去に頑張ってるようです。

ブログで利用しているライブドアからこんな連絡が来ました。



ポータルサイトlivedoorサポートです。


お客様のブログに掲載された下記の情報の流通により

権利が侵害されたとの侵害情報ならびに送信防止措置を

講じるよう申し出を受けました。


つきましては、平成29年3月24日を期日として

特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の

開示に関する法律(平成13年法律第137号)第3条第2項第2号に

基づき、送信防止措置を講じることに同意されるかの照会をいたします。


特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の

開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)につきましては、

下記ページをご参照ください。

http://www.isplaw.jp/

期日までに、お客様より送信防止措置を講じることに

同意しない旨のお申し出がない場合、弊社にて送信防止措置を

行う場合があることを申し添えます。


同意しない旨のお申し出をされる際は、本メールにご返信していただきますよう

お願い申し上げます。


お客様により下記情報を一部修正された場合でも、期日までに本メールにご返信していただく形で、

不同意のお申し出がない場合には、弊社として、同意しない旨のお申し出がないものとしてお取り扱うこととなりますのでご注意ください。


なお、送信防止措置を講じることに同意される場合は、お客様

ご自身にて下記の情報を削除していただきますようお願い申し上げます。


また、対象情報が画像であった場合には、対象となる画像の

掲載されている記事から当該画像を削除するのみではなく、

ブログ管理画面の「画像/ファイル」の「ファイル一覧」から

当該画像を削除くださいますようお願いいたします。





掲載されている場所(URL):

http://bouzup.blog.jp/archives/1044234113.html

(  http://blog.livedoor.jp/bouzup/archives/1044234113.html  )


掲載されている情報:

私の顔写真、実名、勤務先などが明示され、

多大なプライバシーの侵害を受けています。


侵害されたとする権利:

プライバシーの侵害、名誉毀損


権利が侵害されたとする理由

※申告者より頂戴した内容を転載いたします:

1. 私の顔写真を掲載され、プライバシーの

侵害を受けた。

2. 記事内で勤務先と実名を表記され容易に個

人特定がなされるようになっており、プライ

バシーの侵害を受けた。

3. 記事内で私の実名である「久保田直己」を

入れて、「背任罪」「横領罪」など恰も私が

犯罪を犯したかのような記載で、名誉毀損と

誹謗中傷を受けた。


以上


<このメール内容の無断転用、転載を禁止します。>


--------

LINE株式会社

livedoor

http://www.livedoor.com


〒150-8510

東京都渋谷区渋谷2-21-1

渋谷ヒカリエ 27階

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ということなのでブログから消去してこちらに避難しました。

日本の敵が嫌がってるのですから、ここはなんとしてものこしとかないとwww

下記の内容が削除依頼のあったものです。

 
inserted by FC2 system